出生届工房出生届工房

検索条件

提出先について

【出生届の提出先】

出生届工房KONOHAの若山です。
今回は、出生届の提出先について書きます。
実は、出生届は日本全国どこの市区町村役場に提出してもかまいません。
現住所のある市区町村役場に提出できるのはもちろん、里帰り出産をして実家の近くの市区町村役場に提出することもできますし、縁もゆかりもない市区町村役場に提出することもできます。
ただ、現住所のある市区町村役場に出生届を提出することで、今後受けることができるようになる行政サービスの説明が聞ける場合があるので、現住所のある市区町村役場に出生届を提出することをオススメします。
また、ご両親(お母様)の本籍がある市区町村役場に出生届を提出する場合、出生届は1通で足りますが、その他の役所へ提出する場合には、出生届が2通必要な場合があるそうです。

【出生届の提出期限】

出生届は、赤ちゃんが出生した日を含めて、14日以内に提出しなければなりません。 提出期限までに赤ちゃんの名前が決まらなかった場合には、赤ちゃんの名前の欄を空欄にして提出して、後日名前の欄を追記できるようです。ただ、そのことが戸籍に記録されるとのことですので、赤ちゃんの名前は予め決めておきましょう。

【出生届は誰が提出するの?】

出生届は、赤ちゃんが出生した日を含めて、14日以内に提出しなければならないことから、一般的には、お父様が提出することが多いようです。お母様の体調が優れず、お父様がお仕事で忙しい場合などには、代理人(ご親族など)による手続きも可能です。
出生届を提出する際に、今後受けることができるようになる行政サービスの説明がある市区町村もありますので、メモ帳とペンも持っていくといいでしょう。

【出生届を提出する際の注意点】

まず、最も注意していただきたいのが、赤ちゃんの名前です。
『とめ・はね・はらい』にまで細心の注意を払ってください。
旧字体にも注意してください。
そのまま戸籍に登録されますので、間違ったからといって原則として訂正できません。
また、出生した日から14日を超えても出生届は受理されますが、正当な理由なく提出期限までに出生届を提出しなかった場合には、5万円以下の過料(いわゆる罰金)を受ける場合があります。
提出期限ギリギリに出生届を提出しようとして、記入ミスが発覚する場合もありますので、余裕を見て提出することを強くオススメします。
出生届の届出人欄は、お父様またはお母様の氏名などの記入が原則です。代理人に手続きをしていただく際に、代理人の氏名などを記入しないようにしてください。

ジャンルから選ぶ

オリジナル出生届人気順

1位 お散歩しよう

2位 神様からの贈りもの

3位 お母さんになったよ(BLUE)

4位 森のクマさん

5位 PIECE OF PIECE